オーストラリアの海で気をつけたい4つのこと

オーストラリアの海は、日本とは違う?

気をつけたいことも違う?

今回は、僕の感じた海で気をつけたいことを紹介します!

1.サメに注意

viktor-jakovlev-139845

やっぱり、オーストラリアの海で一番気をつけたいことは、サメ!

シャークアタックのニュースは、こっちに来ても何度か耳にしました!

正直サメに関しては、出たら最期って感じですね(^_^;)

でも最大限の注意をはらってやりたいもんです!

サメについて調べてみると、意外と対策できるポイントがありました!

《サメの特徴》

・性格は臆病

・水しぶきに向かっていく習性がある

・弱点は、鼻柱

・早朝、夕方にお腹を空かせてる

・目が悪く、音や匂いに反応する

・ションベンに反応

・荒天時は狩りに出る

《対策》

・サメを威嚇しない!臆病で警戒心の強いサメは、刺激されると標的として認識してしまいます!

・人が少ない海はできるだけ避ける!人数が増えるとサメは警戒します!

・遭遇したら慌てず、そっと離れよう

・襲われそうになったら、鼻をパンチ!

(世界チャンピオンに3度輝いたミック・ファニング選手も、大会の最中にサメに遭遇、、その危機を鼻パンチでかわしました!)

・できるだけ日中サーフ!朝晩は、サメが活発に動きだす時間

・ションベンをしない、血が出たら海から上がる!

・天気のいい日がベスト!

・サメよけグッズを身につける!サメ避けバンドや、サメよけリーシュコードなども販売されてるのでチェックしてみてください!


2.強いカレントに注意

《カレントとは》

岸でブレイクした波が、波のブレイクしない深い所場所を通って沖に戻っていく潮の流れのこと、速度は最高で、秒速2mにも及ぶことも

最近では、オーストラリアで37歳の日本人男性が、サーフィン中に6km先の沖までカレントに流され、そこから16時間漂流し、翌朝近くにいたパナマの貨物船に発見される、というニュースもありました!

怖いですねー。カレント!

《対策》

カレントにハマってしまったら、岸に向かってではなく、左右どちらかにパドルしましょう!


3.ロックに注意

オーストラリアには、ロックのあるポイントがたくさんあります!

僕も1度、Coffs harber  のポイントで、ロックに乗り上げました(^^;;

ローカルの人が、「そこから離れろ!!」とすごい言ってくれてたんですが、パニクって岩の方に行ってしまいました!幸いにも、足の怪我とボードもテールが少し欠けただけで済んだので良かったですが、ローカルの人によれば、「頭を打って死ぬ奴もいるから気をつけろ」と優しく教えてくれました!

 《対策》

できるだけ岩場によらない!岩場に向かって強い流れがあるケースが多いです!


4.強い紫外線に注意

maciej-serafinowicz-452

《オーストラリアの紫外線》

・オーストラリアの紫外線は、日本の5倍!?

・皮膚ガン発症率世界1位

僕も初日で一気に焼けすぎて肌がボロボロになったことを覚えてます。笑

《対策》

・外出時の日焼け止めはマスト!

・サーフィンするなら、水に強いタイプの日焼け止めを使用!








Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: